アクセサリーのチェーンを絡ませない簡単なコツ!

絡まり

誰もが悩むチェーンの絡まり

誰でも1度はチェーンが絡んで解けず、解くのに苦労した経験があると思います。中には、強く絡まりすぎて解くのを諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。

私がよくやっていたのは、外出先でネックレスを取って仕舞う場合。この場合100%の確立で絡まってしまうんです!
そして不器用な私は絡まりをとるのに、30分~1時間もかかってしまいます。
チェーンは繊細なものですから、強く力をかけるのはダメージにも繋がりますし、あまりよくありません。

今回は、一番簡単なチェーンが「からまない」方法をお伝えします。
これさえ抑えておけば、アクセサリーが絡まず長く使う事ができますよ!

目次

―【コツ1】使い終わったら「留め金を留めて保存する
―【コツ2】チェーンアクセサリーは、それぞれ触れないように保存する

【コツ1】使い終わったら「留め金を留めて保存する」

ネックレスやブレスレットなど、チェーンアクセサリーは使い終わったら留め金を外しますが、この時留め金をそのままにせず、しっかり留めて仕舞いましょう。

これが第1のコツです。
「これだけ?」と言われそうですが、これが一番大事なポイントです。
留め金がそのままですとチェーンの左右の端が自由自在に動いて絡まってしまいますが、留め金を留めておく事によって1つの輪として固定されるので、非常に絡まりにくくなるのです。
あまりに動かしたり、揺らしたりする事がなければ、これだけでほとんど絡まなくなります。

【コツ2】チェーンアクセサリーは、それぞれ触れないように保存する

ブレスレットでもネックレスでも、フックのようなものに、いくつかまとめて掛けていませんか?
これも絡まってしまうポイントとなります。

絡まってしまうのが嫌なのであれば、それぞれのアクセサリーが触れないように保存しましょう。
「そんなにアクセサリーを保存する場所がないわ!」なんて声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。
アクセサリー同士が触れなければ、1つ1つが丸まってしまってもいいのです。指輪用の細かい仕切りのジュエリーボックなどがありますが、そういうものを使って1つの枠に1つずつしまえば全然場所もとりません。必ず1つの枠に対して1つアクセサリーというのを守ってくださいね。

「丸まって保存すると取り出しにくい。」という方には、「アクセサリースタンド」がオススメ!
アクセサリースタンドを使うと、しだれるようにアクセサリーを引っ掛けておく事が出来、絡まる事もありませんし、どのアクセサリーがどこにかかっているか一目瞭然です。このアクセサリースタンドを使う時にも、1箇所に掛けるのは必ず1つにしてください。こうする事でチェーンが触れ合い絡まるのを防ぎます。

アクセサリースタンドが気になっている方は、以前「インテリアにもなるおしゃれなアクセサリースタンド【10選】」という特集記事を書いたので是非読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木 ココジュエリー ライフ アドバイザー

投稿者プロフィール

多くの方がアクセサリーやジュエリーによって、日常の生活が彩り豊かでハッピーになるよう応援しています。アクセサリーをはじめとするファッション、ビューティ分野で各メディアで取材や情報発信を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回は、アクセサリーを買う時に失敗しにくい&魅力的な通販サイトをご紹介します。 通…
  2. 小顔
    アクセサリーで小顔に見せよう! 先日モデルさんの撮影に立ち会う機会がありましたが、モデルさ…
  3. 絡まり
    誰もが悩むチェーンの絡まり 誰でも1度はチェーンが絡んで解けず、解くのに苦労した経験があると思…

情報の出典、価格表記について

ジュエリーノートで紹介している商品の情報は、メーカー公式サイトの情報を参照していますが、ページを更新した時点の情報となりますので、実際の情報とは異なる場合がございます。
価格表記は「税抜き」「税込み」が混在しています。最新の正確な情報はメーカー公式サイトをご覧ください。

ページ上部へ戻る