【男性にオススメ】最近増えているステンレスアクセサリーとは?

ステンレスアクセサリー
最近「ステンレスアクセサリー」や「サージカルステンレス」などと言う言葉を聞くようになりました。ステンレスというと、スプーンやフォーク・またはキッチンのシンクなどを思い浮かべる人も多いと思います。アクセサリーとはちょっと結びつきにくい気もします。そこで、今回は「サージカルステンレス」や「ステンレス製アクセサリー」の特徴を紹介していきましょう。

目次

サージカルステンレスとは?
―ステンレスアクセサリーの特徴1:アレルギーになりにくい
―ステンレスアクセサリーの特徴2:キズがつかない
―ステンレスアクセサリーの特徴3:サビつかない
―注目:価格がお手ごろ
―アクティブな男性にオススメ!

サージカルステンレスとは?

サージカルステンレス
「サージカルステンレス」とは、医療の現場で使われる耐食性の非常に高いステンレスを指します。正式には「SUS316LVM」「SUS316LVM」などという名前があり、含まれるニッケルの量により耐食性や硬さが異なります。
手術で使用されるメスやドリルに使われため「サージカル(外科の・手術のという意味)」という名前が付いています。海外ではインプランドにも使われている安全な金属です。

ステンレスアクセサリーの特徴1:アレルギーになりにくい

サージカルステンレスが注目されているのは、金属アレルギーが出にくいからです。耐食性が高い為、肌に触れても溶け出して体内に入る事がないのです。金属アレルギーを気になる方や、肌との接触面積が大きいボディピアスなどで人気になっています。サージカルステンレスは肌に優しい金属なんですね。

ステンレスアクセサリーの特徴2:キズがつかない

サージカルステンレスは金やシルバーよりも硬質な素材です。硬い素材なのでいつまでもアクセサリーの美しい輝きを保ち続けることが可能です。ダイヤモンドの硬度が高い事は知られている事だと思いますが、ダイヤモンドを10とするとサージカルステンレスはなんと7の硬度を持つと言われます。
毎日つける指輪は、気をつけていても細かな傷が無数についてしまうもの。キズが付かないというのは嬉しい事です。

ステンレスアクセサリーの特徴3:サビつかない

さらに、サージカルステンレスのアクセサリーの魅力として「サビに強い」という特徴があります。「酸化」にも強いので、シルバーアクセサリーのように空気などで酸化して黒くなってしまうこともありません。

注目:価格がお手ごろ

メリットばかり書いてきたので、今度は価格が気になりますよね?
価格はメーカーやデザインによって変わりますが、一般的にシルバーアクセサリーよりも安いです。一般的にはシンプルなデザインでは2千円弱の物からあり、高度なカットや2連3連リングになると1万円弱くらいになります。カラーバリエーションも豊富なので、様々なデザインが楽しめます。

カップルにはペアネックレスがオススメ!

実は、ステンレスでできているペアネックレスは多くあり、サージカルステンレスのものも出ています。
体もお財布にも優しいので、学生さんにもオススメですよ。記念日やバレンタインのプレゼントにもバッチリです。

>関連記事:ペアネックレス30選。特別な2人のためのプレゼント。ペアネックスブランド一覧。

アクティブな男性にもオススメ!

サーファー

汗にも海水にもキズにも強いこのサージカルステンレスアクセサリー。金属アレルギーのある方はもちろん、私はアウトドア好きの男性にオススメしています。外で力仕事をする男性や、海が大好きなサーファーの男性などにぴったりです。

アクティブな男性ににプレゼントを考えているのであれば、断然「サージカルステンレスアクセサリー」を推薦したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回は、アクセサリーを買う時に失敗しにくい&魅力的な通販サイトをご紹介します。 通…
  2. 小顔
    アクセサリーで小顔に見せよう! 先日モデルさんの撮影に立ち会う機会がありましたが、モデルさ…
  3. 絡まり
    誰もが悩むチェーンの絡まり 誰でも1度はチェーンが絡んで解けず、解くのに苦労した経験があると思…

情報の出典、価格表記について

ジュエリーノートで紹介している商品の情報は、メーカー公式サイトの情報を参照していますが、ページを更新した時点の情報となりますので、実際の情報とは異なる場合がございます。
価格表記は「税抜き」「税込み」が混在しています。最新の正確な情報はメーカー公式サイトをご覧ください。

ページ上部へ戻る